家族や勤め先にばれない消費者金融の利用の仕方

ちゃんとばれずに利用する方法があった。

どうしてもお金が必要な時ってありますよね。例えば冠婚葬祭などの急な出費で今月は苦しい時、あるいはどうしても買いたいものがある時など、様々なケースが考えられます。消費者金融の利用を検討しているけれど、家族や勤め先には知られたくないという方も多いのではないでしょうか。安心してください、ちゃんとばれずに利用する方法があるんです。ここでは安心して利用できる方法についてご紹介します。

 

ネットキャッシングを利用しましょう>お店に足を運ぶとなると、誰かに見られてしまうのでは…と不安に思いますよね。ネットキャッシングなら、そんな心配はありません。ネットが使える環境さえあれば、自宅からでも外出先からでも申し込みができます。24時間受け付けているので、自分の都合のよい時に申し込みが可能です。誰にも知られずに申し込めますから、もちろん家族にもばれないですよね。

 

会社や自宅への電話連絡も個人名でかけてくれますキャッシングを申し込むと、必ずキャッシング審査があります。その際、勤め先や自宅などに確認の電話がかかってくる場合があります。ここでも消費者金融の名を名乗ることはありません。ほとんどの場合、個人名で連絡をしてくれるのでご安心ください。不安に思う場合には、あらかじめ会社名を出さないように希望する旨を伝えておくといいでしょう。

 

webで閲覧できるサービスを上手に利用しましょうキャッシングの明細書などは書面にせず、webで閲覧する方法を選ぶとよいでしょう。また返済期日が近付いてくると、お知らせメールで知らせてくれるサービスがある消費者金融もあります。返済は計画的に行い、メールなどの管理もしっかりするようにしておくことをお勧めします。

 

バンクイックの利息

消費者金融が破綻をしたときには

消費者金融が破綻をしたときには、返済についてどのようになるのかということを理解しておくことが重要です。元の会社がなくなったのだからお金の返済もなくなるということを考える人もいますが、基本的には債権は別の会社などが買い取ることが多いですし、通常通りの支払いをすることになるということが一般的であるといえます。

 

契約の内容によっては個別に判断されるという場合もありますが、通常の債務はそのままのものとして判断しておいたほうが間違いないということになります。金利などについての法改正などがない限りはそれまでと変わらないものになります。消費者金融がどのようになっているかわからないときには法的な相談をすることも有効です。

 

会社の状況によっては契約の見直しや、無効となる旨などを取り付けられるようになる場合もあります。そうした手続きについては相互に行なわれるものになるため、債務者の一存で決めるものではないということは当然であるといえます。そのため専門家などの法的な介入をとることによって間違いのない上京にすることができます。

 

債権の移譲状況によっては、金額を間引いた上で一括返済を迫られるなどの状況に変化をしていくということもあります。債権契約などの取り扱いによってこうしたことは起こりうるものでありますし、約款などの記載によっても取られるアクションは違います。破綻によって無理のある請求などがある場合などにも法律家などの利用が効果的です。
一本化

消費者金融への返済を滞納するとどうなるか

消費者金融からお金を借りる際に、契約書を交わしますが、その中には月々の返済期日をきちんと守ることが定められているはずです。お金を借りた以上、必ず返さなければならないのは当然のことですから、契約書に書かれた返済期日を守らずに滞納してしまうと、もちろんリスクが発生します。実際に、どのようなリスクが発生するかについて見ていきます。

 

 まず、返済期日を守らずに滞納すると、遅延損害金が発生します。遅延損害金の利息は、通常利息よりも高く設定されているのが普通ですから、滞納後は、それ以前よりも多い金額を返済しなくては借金がなくならないことになってしまいます。お金が用意できないから返済できないわけですので、さらに多くの金額を返さなくてはならなくなるのは大変です。

 

 しかし、遅延損害金というのは、決められた返済期日を厳守するという契約で交わした約束を守らな人に対する債務不履行責任の追求、すなわち、契約を守らないために消費者金融側に発生した損害を賠償するという意味合いを持つものですから、通常利息より高い金利をあらかじめ契約で定めておいても、法定の上限金利を超えない限りは違法ではありません。

 

 滞納したままにしていると、もちろん消費者金融からは電話や書面による督促が自宅や会社に入り、それまで家族に内緒で借りていた場合でも結局バレてしまいますし、職場でも周囲の人にバレてしまって居心地の悪い思いをすることになりがちです。それだけでなく、返済額まで増えてしまうわけですから、借金をする場合は余裕を持って返済できる金額だけを借りるようにしましょう。

 

おまとめローン

消費者金融でローンを一本化

私は以前、消費者金融で働いていました。その際に、営業として他社の借り入れを一本化するというおまとめローンのような商品を、毎日営業していました。そのため、多重債務に陥られて困っているお客様を何人も見てきましたし、そのような方には、おまとめローンをすすめて、何人もの方の手助けをしてきました。とてもオススメできる商品でした。

 

消費者金融で、小口のローンを借り入れできるのは、たいてい6件ほどまでで、金額も250万円ほどです。それ以上になると、多重債務者として扱われ、小口のローンを融資してもらう事は不可能となります。一部の小さな会社で、小さな利用枠で貸付をしているところがあり、そういったところから借り入れをすると、だるま方式に増えていき、支払いが困難になってしまいます。

 

そんな方にお勧めするのが、他社の借入れを一本化するというローンになります。お勤めの方であれば300万円まで、自営業の方であれば、500万円まで融資することが可能となっていました。一本化することによって、毎月の支払金額は必ず減りますし、支払いに行く手間を省くこともできます。また、小口のローンよりも金利が低く設定されており、枠内での追加の融資もできないため、必ず完済することができるようになっています。

 

大口のローンとなるため、連帯保証人の方が必要にはなりますが、基本的には配偶者以外の方で、正社員としてお勤めされている方で、消費者金融に借り入れの無い方であれば、両親でも子供でも兄弟でも対象となります。そのため、お申し込みされるかたのほとんどが、身内の方になっていただいていました。このようにして、ローンを組まれた方からは、感謝の言葉をたくさんいただきました。多重債務でお困りの方は、是非お勧めです。

 

借り換え具体例